ゲイ・ホモのための優良出会い系を紹介!ゲイ体験談ブログ

ゲイ・ホモのための優良出会い系を紹介!ゲイ体験談ブログ

アナルに入れっぱなしでディルドプレイがしたい!おすすめと使い方

こんばんは!本日はアナルセックスということで!
ま、男性同士であれば必要不可欠なのが肛門でのセックスですよね。、
私、はじめてアナル使ったのが18とかなんですけど
それ以前から勿論知識としては知っていましたし
そういったホモビデオなんかでオナニーすることも度々ありました。

しかしながらやっぱりケツっていうのはどうしても糞を出すところとしてしか思えず、、
こんな小さくて窮屈な穴にチンコなんて入るのか??
なんて思ってました。笑

でもその初体験の時、相手は結構な経験者だったのかわからないんですけど
まるでマンコのようにじゅぼっ
て入ったあの感じが今でも忘れることができません。w
あの感動といったらもうなかったです。

おお!!
入った!!!

って感じw
しかもてっきりバックから入れることしかできないだろうと思ってきたら
普通に正常位で入れることができたのでそれも感動。
そしてケツの気持ち良さにもどっぷりはまっちゃいました。

なんて気持ちいいんだ!ってねw
これはアナルセックスもハマりますわ。
って感じ

そしてそこから始まったのが私のアナル拡張です
やっぱり入れてみれば、入れられたい
ってなるもんなんですよね
だって入れられてる相手もめっちゃ気持ち良さそうでしたもんw

男性には女性とは別に性感帯がアナルにはあります
それが有名な前立腺です
ここを刺激することによってとにかく通常では得ることができない
圧倒的快楽を得ることができると言われており、最初ものすごい興味を持ちました。

そこでやろうとしたのがアナニーですね
最初からセックスだと緊張するのでまずは肛門を労わりつつ
徐々に慣らしていこうと思いました

だっていきならふっといチンコ入れられたら死ぬでしょうw
肛門は座薬すら苦しくなるような記憶があります

ですからまずアナルを使うためには大前提として穴を広げるということが必要になってきます。
そしておすすめのディルド、本日のメインテーマですね
こちらを紹介するのはまずこの拡張をしっかりやってください

よく言われるのが大体指2本分くらいからいって
当たり前ですがローションを使って最初はゆっくりお尻を気遣いながらしてください。

こういった作業はパートナーに手伝ってもらえれば一気に捗るんですが、、
しかしパートナーってなかなかすぐには見つからないものですよねw
そこで今回は一人でやったときどうなるか、にスポットライトを当てたいと思います。

十分に拡張が行えたらアナルをディルドで開発していく段階に入りましょう。
こちらもバスタオルをしっかり床やペットに引いた上でお試しください。
さて、ではディルドの方ですがまず最初に言っておかなければなりません。

ディルドはあくまでも女性向けに作られていることが多く、アナル用ではないんですよねw
まあ、それを言ってしまえば生物学的にチンコをケツに入れること自体人体は対応してないよぉ〜💕
ってことになっちゃうわけですけどw

と、まあチンコディルド自体そのようなバックグラウンドであることはご理解ください。
さて、そして実際にアナルにぶち入れる時の使い方をご説明しましょう。

体位は膝をしっかり曲げた騎乗位でやること!

初心者の方はまずそれが一番やりやすいです。
パートナーがいればもっと楽ではあるんですけど、、
一人だとこうなります。

どうしてもこれだと怖くなったり、加減が効かなくなってしまったりすることもあるんですが、、
一人でやるときはこれがベスト。
徐々に沈み込むようにディルドを入れていきましょう。

さて、ここでおすすめのディルドをご紹介❤️

アラブM

ディルド

こちらあなり有名なものですね
価格は900円程度と割と安価に収まってくれており
硬さは勃起時のイチモツと同じ

玉のところがなんだか可愛いのがポイントw
こちらが初心者向けとなっておりますのでまずはお試しください。

さて、一人でやった感想ですが
やっぱり一人で拡張からするのは難しいです。汗
絶対にパートナーと一緒に愛と興奮を感じつつやったほうがいいでしょう

なかなかパートナー見つからないよって方は
是非こちらのサイト、私がパートナーを発見できたのもこちらのサイトなので

ホモ、ゲイ掲示板

よければお試しくださいな。

↓当サイト限定!スタートダッシュキャンペーン!↓
PCMAXに登録してから2日間だけポイント購入時に最大1.5倍のポイントを貰うことができます。
ゲイ利用者ナンバー1のPCMAX公式サイトはこちら!

ゲイでも簡単にセックスできる!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top